FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

地球のなかま展2008 芸工展へ!

こんにちは。
東京都駒込にあるエコロジー雑貨ももんがです。

10月11日(土)から26日(日)まで、ももんがの隣町である、東京の下町、谷中・根津・千駄木界隈で、芸工展2008 http://www.geikoten.net/という楽しいアートイベントがあります。

第26回 芸工展2008ガイドマップより 
「素」にかえろう。
谷中・根津・千駄木・日暮里・上野桜木・池之端 界隈
まちじゅうが展覧会場
2008年10月11日(土)~26日(日)


以下、HPより
****************************************************
芸工展とは

「まちじゅうが展覧会場」をキーワードにより平成5年にスタートした谷中芸工展は、今年で16回目。毎年10月の中旬に2週間にわたり谷中・根津・千駄木・日暮里・上野桜木・池之端界隈を舞台に開かれています。
芸工展は谷中に暮らす普通の人々の日常の創作活動をとりあげ、まちの多くの人に興味を持ってもらい谷中の魅力を語り合ってもらう場、「日常の延長としての表現」を通して、まちの様々な人が互いの生活を理解し、認識を深めていく交流の場を目指して開かれています。
芸工展の参加者は筆や彫金、せんべい、鼈甲といった谷中に根付く職人の他、まちに点在するギャラリーやアーティストのアトリエ、路地での落書き大会や街角でのワークショップ、また自宅の一室を公開して行う展示などの自主企画からなります。2002年に100企画であった参加者は今年は118企画156に達するまでになり、まち内外の参加者・訪れる人々にとってまちの新たな魅力を発見する場となっています。
****************************************************

6月に出店した駒込大観音さんのほおずき市のとき、上記実行委員のかたに「ももんがチームも、参加してみてる?」とお声がけいただきました。
もともと、ももんが&地球ギャラリーには、地球上のなかまの魅力、かっこよさや愛らしさを伝える様々な作品を作り出すことに、笑顔を増やしてくれるなかまが多く集まってくださっていました。

2006年の引越し以後、ももんがはギャラリーの空間はなくなりましたが、そろそろ皆さんの作品を中心に笑顔で集まれる、同窓会のような企画をしたいなぁと思っていた矢先でした。そこで、はりきって「地球のなかま展」として、申込をしました。

実行委員会のみなさんの計らいで、ももんがともだちネットとして、お借りできたスペースは、朝倉彫塑館さん(素敵!)と同じ道沿いにある、古い民家。
香隣舎(こうりんしゃ)さんという建物です。 ← 本当にラッキーなんです☆

ここは、谷中学校の拠点であり、今回の芸工展2008の本部の皆さんの詰め所です。
なので、お客さんが、ガイドブックを買いにきたり、ぶらっとあそびに来る方、お隣のはらっぱ市に来る方(13日に市が立ちます)、迷子(大人も迷う)になって相談にやってくる方、スタンプラリーの景品を取りに来る方で、始終ひっきりなりに人が遊びにきてくれる楽しい場所になるようです。

上記芸工展の期間のうち、ももんがともだちネットがお借りした期間は、その二番目にあたる、10月16日(木)~10月20日(月)までの5日間です。


地球のなかまの笑顔のために。
~今、日本で何が起きているの? その「仕方ないよ」って本当?~
犬、ねこ、むささび、ナキウサギ、ジュゴン、ツキノワグマ、スナメリ、ヤンバルクイナ。
写真、イラスト、粘土、陶芸と様々な作り手たちが、8種のなかまに光をあて、その魅力を存分に伝えます。ぜひ、遊びに来て下さい。

アートの力とみんなの笑顔や手が重なることで、今暮らしている場所にいながらにして、世界各地、日本各地の動物たちや、彼らが暮す森や海そのものを守るため、がんばっている方たちにエールを送ったり、広報や基金をサポートがすることができます。

今回の地球のなかま展では、動物たちの種類を8種類にしぼりました。
(本当はもっとたくさんの動物たちが、今、絶滅に向かって秒読み。住みかを追われたり、人間のそばにいて、ひどい扱いをうけて泣いています)

このブログでも、その動物たちのお話を書いていきます。
スポンサーサイト


お知らせ | 23:57:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。